ワンピース・スラムダンク・銀魂など名作アニメの中から選ばれた感動の名言ランキングをご紹介します。

 日本が誇るアニメ!

 

名言・格言・金言などとインターネットで検索すると有名人や偉人、歴史上の人物の言葉が数多くヒットします。

 

それを読むと確かに勉強になるのですが、なんだか距離が遠すぎて心に響いてこないのも確かです。

 

日本はアニメが世界的に有名で、スタジオジブリの作品などは海外にも多くのファンがいます。

 

今やアニメは日本の文化の1つと言っても過言ではなく、内容的にも高い評価を受けています。

 

例えばドラえもんは1973年にテレビアニメ化されて以降、現在に至るまで40年以上の歴史があります。

 

40年以上続いているTV番組はごく一部で、なおかつレギュラー枠となると0に等しい状態です。

 

私は小さな頃にドラえもんが好きでよく見ていましたが、今は自分の子供が見ているのですから面白いものです。

 

ほかにもワンピースやスラムダンク、ドラゴンボールなど日本には名作と言われるアニメが多数存在しています。

 

そして名作の数だけ多くの名言が誕生してきました。

 

アニメに興味があるならば好きな言葉の1つぐらいはあるものです。

 

当サイトでは今回インターネットを通じて1000人にアンケート調査を行いました。

 

質問項目はこちらです。

 

あなたがアニメで1番心に残っている名言は何ですか?

 

ここからは最も票数が多く集まった3つのアニメから数々の名言を発表していきます。

 

スポンサードリンク

アニメ名言ランキング。1000人に選ばれた第1位は?

第3位 ドラえもん

 

「のび太君を選んだ君の判断は正しい。あの青年は、人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人間だ」

 

「一番いけないのは、自分なんかだめだと思い込むことだよ」

 

「人にできて、きみだけにできないことなんてことあるもんか」

 

「君はこの先 何度も転ぶ。でもその度に立ち上がる強さも君は持っているんだよ」

 

「障害があったらのりこえればいい!道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ」

 

第3位はドラえもんでした。

 

なんだかドラえもんの名言を読んでいるとじーーんとくるものがありますね。

 

先ほども触れましたが40年以上続いているTVアニメは「ドラえもん」しかありません。

 

現在も子供たちからは大人気で毎年映画も上映されています。

 

世代を越えて親子で楽しめるアニメとしての地位は盤石です。

 

スポンサードリンク

第2位 ワンピース

 

「無駄だとは言わねェ。この世に不可能という事は何一つねェからな」

 

「安いもんだ、腕の1本くらい、、、無事でよかった。」

 

「もっとみんなを遠くまで運んであげたかった、、、、。ごめんね。もっとずっと一緒に冒険したかった、、、、。だけど、ぼくは幸せだった。今まで大切にしてくれてどうもありがとう。ぼくは本当に幸せだった。」

 

「”歴史”は…人の財産。あなた達がこれから生きる未来をきっと照らしてくれる。だけど過去から受け取った歴史は次の時代へ引き渡さなくちゃ消えていくの」

 

「愛してくれて、ありがとう!」

 

2位はワンピースでした。

 

名言の宝庫と言われているだけあってワンピースには人気が集中しました。

 

子供に読ませたい漫画として毎回必ず上位に入ってくるワンピース。

 

読むだけで愛と友情を教えてくれる最高の教科書だという意見もありました。

 

さて残すは第1位のみとなりました。何が選ばれるのでしょうか?

 

次ページに続きます。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク