7月といえばどんなものを連想しますか?ランキング形式で特集していきます。

 

 

7月といえばランキング

 

みなさんは7月といえば何を最初に思い浮かべますか?じめじめした6月の梅雨が明けて、いよいよ暑い夏が近づいてきます。「あれをしたい!これをしたい!」とやりたいことも盛りだくさんでテンションが上がりますよね。では、早速人気ランキングをみていきましょう。

 

<7月といえばランキング>

1位 七夕

2位 花火大会

3位 海開き

4位 夏休み

5位 オールスターゲーム(野球)

出典:独自調査

 

5位にランクインした、オールスターゲームは私もあまり野球に詳しくないので分かりませんが、セ・リーグとパ・リーグの選抜された選手が戦う対抗試合?といった感じらしいです。毎年、7月に開催され、我が家の夫もビールを飲みながらオールスターゲームを見るのを密かに楽しみにしているようです。

 

そして、学生は待ちに待った夏休みが7月の後半から始まります。海開き、プール、花火大会と楽しいことが目白押しですね。“関東の人気の海水浴場”については後ほど特集していきますよ~!また全国の花火大会ランキングについてはこちらの記事で特集しているので参考にして下さい。

 

そして、<7月といえばランキング>の堂々の第1位に選ばれたのが7月7日の七夕です!七夕といえば、仙台の七夕まつりが有名ですが、全国的に七夕のイベントがあちこちで開催される予定です。引き続き、特集していきます。

 

スポンサードリンク

 

特集① 全国の七夕まつり

 

七夕祭りで有名なのが「日本三大七夕祭り」です。

 

≪日本三大七夕祭り≫

○仙台七夕まつり       8月6日~8日

○湘南ひらつか七夕まつり   7月3日~5日

○安城七夕まつり       8月7日~9日

○一宮七夕まつり       7月23日~26日

 

七夕まつりという名前ですが、実際には7月7日ではなく、7月後半から8月前半に開催するところが多いようです。また、安城七夕まつりと一宮七夕まつりはどちらが<日本3大祭り>に入るかで揉めているんだとか、、、どちらも愛知県なので仲良くやってほしいものです。(笑)

 

毎年、国内外の多くの観光客が訪れる、日本一の仙台七夕まつり。私も1度は行ってみたいです。なんといっても、見どころは毎年新に手作りされる豪華絢爛な笹飾り。長さ10m以上の巨大な竹に色鮮やかな和紙飾りが飾られ、その豪華さを競い合います。風に短冊や笹飾りがたなびく様子は、まさに絶景といえるでしょう。

 

せっかくの笹飾りが見られないのは残念ですから晴天に恵まれるといいですね。湘南ひらつか七夕まつりや、安城七夕まつり、一宮七夕まつりにも毎年多くの人が訪れ大変にぎわっています。是非1度足を運んでみてください。

 

スポンサードリンク

 

特集② 関東の人気の海水浴場ランキング

 

続いての特集は7月中旬から多くの人で賑わう海水浴場です。まずは人気スポットをチェックしましょう。

 

関東の人気海水浴場ランキング

1位 白浜大浜海水浴場(静岡県下田市白浜)

2位 辻堂海水浴場(神奈川県藤沢市辻堂)

3位 大洗サンビーチ海水浴場(茨城県茨城郡大洗町)

出典:独自調査

 

3位の大洗サンビーチ海水浴場は遠浅で澄んだ水と白砂青松が続く美しい海水浴場です。入込み客数は県下ナンバーワンを誇る人気のビーチです。近くに水族館もあるので家族連れにもカップルにも人気スポットです。

 

2位の辻堂海水浴場は家族連れにおすすめのビーチです。比較的、波が穏やかで、海の家なども多数並ぶため、パパやママも夏気分を楽しむことができます。また、すぐ目の前に辻堂海浜公園ととても広い公園があり、芝生広場や、ゴーカートやスカイサイクルが楽しめる交通公園、流れるプールや波の出るプールがあるジャンボプール(有料)もあるので、子どもが海水浴に飽きてしまっても充分楽しめます。

 

1位の白浜海水浴場は人気も知名度も抜群の海水浴場で、毎年40万人以上の来場者が訪れ、多くの海水浴客で賑わっています。何より、関東からアクセスの良い好立地な為、運転の苦手な方や、長時間の車の移動に飽きてしまう小さいお子様連れの方にはおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?
7月といえばランキングには、夏ならではの海開きや花火大会などが上位にランクインしました。このあたりは、引き続き8月といえばランキングにも入ってきそうですね。お楽しみに・・・

 

また、ランキングにははいりませんでしたが、七夕にちなんで星座やプラネタリウムも「7月」から連想されるキーワードとして注目されています。この機会に夏の夜空をゆっくり眺めてみてはいかがですか?

 

スポンサードリンク