全国には3000店舗以上のカレー屋さんがあると言われています。そのなかでも目立つのがチェーン店です。ではチェーン店の中ではどのお店が1番人気なのでしょうか?好きなカレー屋さん100人アンケートの結果をランキングにまとめてみました。

3位 カレーのチャンピオン 6票

 

ka1

 

「カレーのチャンピオン??」アンケートで6名の方が挙げていたお店の名前を正直私は知りませんでした。残念ながらまだ食べたこともありません。

 

調べてみると全国展開しており、2018年時点で33店舗あるようです。東京ですと四谷や市ヶ谷にお店があります。あまり行かない方なので、知らなかったのかもしれません。

 

カレーは「金沢カレー」です。金沢カレーとは濃厚なルーで味は甘め、お皿にはカツとキャベツが一緒にのっています。男性に好評なスタミナ満点のカレーです。

 

最近は「家系」の看板を出しているラーメン屋さんが増えています。ボリュームとこってりが売りのラーメンですが、家系ラーメンが好きな人は99%の確率で金沢カレーも好きみたいです(笑)

 

カレーのチャンピオンは1961年に創業以来、55年以上のキャリアを持つ老舗の名店でもあります。ここでしか食べられない秘伝のルーは時代を超えて人々に愛されています。

 

残念ながら店舗数を拡大する予定はないようですが、今後も伝統を守っていってほしいと願うばかりです。私はまだ食べたことがないので、早速明日にでも行ってこようと思います。

 

スポンサードリンク

2位 ゴーゴーカレー 9票

 

ka2

 

ゴリラマークでおなじみのゴーゴーカレー。でも実はお店のほとんどが都心にあり、地方に行くとほとんど知られていないんです。

 

徐々に店舗数を増やしていますが、それでも66店舗とまだ100店舗にも到達していないのが現状です。実はあのゴリラマークは貴重だったりするわけですね。

 

カレーの種類は3位に登場したカレーのチャンピオンと同じ「金沢カレー」。お店に入るといつもガテン系のお客さんが目立ちます。

 

イベントにも力を入れており、カレー100円の日などにはお店の外まで長い人の行列ができます。カレー屋の常識をよい意味で打ち破ってくれた存在と言えそうです。

 

私は昔、新宿のゴーゴーカレーによく通っていました。安くてボリュームがあるので、お金がない時にはずいぶん助けてもらいました。

 

「カツとキャベツとカレーの相性がこんなに合うなんて!」と衝撃を受けたことをよく覚えています。まだ体験したことがない方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

1位 COCO壱番 61票

 

ka3

 

1位はCOCO壱番ことココイチ。圧倒的な差をつけてぶっちぎりでNO1の座に輝きました。「カレー屋といえばココイチ」と言えるぐらいのレベルです。

 

店舗数は国内1205店、海外100店の合計1305店舗。カレーチェーン店舗数のギネス世界一にも認定されています。国内では他のチェーン店を寄せつけず独走状態です。

 

経営面でもしっかり利益が出ており、ブランド力を生かした新規出店を続けています。最近は特に海外での出店が目立っています。

 

ココイチのカレーは他のチェーン店と何が違うのでしょうか?正直価格はそれほど安いわけではありません。2位のゴーゴーカレーと比べれば、むしろ高めです。

 

その秘密は「自分が好きなカレーを作れる」点にあるようです。ココイチではカレーの種類だけではなく、辛さやトッピングなどが自由に変更することができます。

 

それがお客さんの高い満足度につながっているのは確実です。もちろんベースになるカレーがおいしいということは言うまでもありません。

ランキングの総括

 

カレーチェーン店としてはギネス世界一の店舗数を持つココイチが、他店を寄せつけない圧勝劇でした。ユーザーの評判も上々です。

 

定食、牛丼、回転寿司などそれぞれの業界では、複数の企業が激しい競争を繰り広げています。しかしカレーに限って言えば、ココイチが強すぎて他社がお手上げの状況が続いています。

 

ココイチのカレーはおいしいですが、たまには他のお店のカレーも食べてみたいという気持ちにもなります。ココイチを焦らせるようなライバルの登場を見てみたいところです。

 

スポンサードリンク

 

【気になるグルメランキング】

居酒屋チェーン店人気ランキング。塚田農場の人気が急上昇中!

回転寿司チェーン店人気ランキング。スシローvsくら寿司の結果は?

ファミレス人気ランキング。絶対王者サイゼリアが大ピンチ?!