平昌オリンピックで銅メダルを獲得して一躍話題となったカーリング女子。実力とともにそのルックスにも注目が集まりました。

 

実は日本の歴代カーリング女子選手は美女揃いです。この記事ではその中でも特に美しいとされる3人をランキング形式でご紹介します。

3位 吉田知那美

 

ka1

 

平昌五輪ではスキップの藤沢五月選手の活躍が目立っていましたが、彼女の前にサードとして投げていたのが吉田知那美選手です。

 

ポニーテール姿がとても可愛らしく、美人というよりはかわいいという表現がピッタリと似合います。インターネット上では「アイドルよりもかわいい!」と話題になっています。

 

平昌五輪準決勝の韓国戦では国際カメラに向かって「にっこにっこにー!」を披露。ツイッタ―のリアルタイムキーワードでランクインするなど「そだねー」とともに一躍有名になりました。

 

笑顔のイメージが強い吉田知那美選手ですが実は苦労人です。2014年ソチオリンピックに出場するも予選敗退。さらに所属チームから戦力外通告を受けてしまいます。

 

失意のどん底にあった彼女はカーリングを引退しようと思ったそうです。そんなときに本橋選手から声がかかり、平昌五輪では見事なリベンジで銅メダルを獲得しています。

 

「人生を賭けてこのチームで終わってもいいと思うくらいの覚悟でもう一度戦おうと思いました」(本人談)吉田知那美選手の強い気持ちがメダル獲得へとつながったのかもしれません。

 

スポンサードリンク

2位 市川美余

 

ka2

 

平昌オリンピックではNHKでカーリングの解説者を担当。その美しさが話題になり、上戸彩さんや佐々木希さんに似ているという声も多く聞かれました。

 

オリンピック出場経験こそないものの、日本選手権では4連覇を達成するなど実績は十分。その実力は高く評価されていました。

 

25歳で現役引退を表明。結婚、出産を経験して現在は解説者となっています。もしも現役を続けていれば平昌オリンピックの舞台に立っていたかもしれません。

 

現役時代から美人アスリートとして度々取り上げられており、芸能界からオファーの話もあったそうです。それでも一般男性との結婚を選んだあたりに意志の強さを感じます。

 

平昌五輪で男子カーリングの予選敗退が決まった時には涙を流すなど、思いやりがあるところも彼女の魅力の1つと言えるかもしれません。

 

スポンサードリンク

1位 本橋麻里

ka3

 

2006年、2010年にオリンピックに出場。「マリリン」の呼び名で、アイドル的なブームを巻き起こしたのは記憶にある方も多いかと思います。

 

女優さんのようなルックスでスタイルも抜群。サバサバした性格で、男性だけではなく女性からも憧れられているアスリートです。

 

結婚・出産を経て迎えた平昌オリンピックでは、リザーブという立場で控えの選手でした。そして結局1度も試合に出る事はありませんでした。

 

LS北見は本橋選手が設立したチームでもあります。平昌オリンピックのメンバーに1人1人声をかけて、0から最高のチームを築きあげました。

 

表方としても裏方としても日本カーリング界を支えた本橋選手は、ルックスだけではなく貢献度でも歴代NO1選手ではないでしょうか。

ランキングの総括

 

カーリング選手は氷上の美女とよく言われています。日本だけではなく世界を見ても美人が多く、韓国のエース「メガネ先輩」もメガネをはずすと綺麗だとSNSで話題になりました。

 

オリンピックであれだけ活躍して、かわいいと評判になった藤沢五月選手がベスト3に入れませんでした。それだけハイレベルいうことでしょう。

 

まだまだ若い世代には将来のベスト3入りが期待できる選手がいます。また4年後に特集を組んでみたいと思います。どうぞお楽しみに☆

 

スポンサードリンク

 

【気になる美女ランキングはこちら】

美女アスリートランキング。日本選手で1番かわいいのは誰?

女子ゴルフかわいい選手ランキング。ゴルフ界の西内まりやとは?

かわいい芸能人ランキング。女性が憧れる理想的な顔とは?