ラブソングといえばこれ!という定番曲をランキング形式にまとめました。

 

 

ラブソングの定番

 

今、恋をしている人も、これから恋をしたい人もキュンキュンするような歌詞に1度は自分の恋愛と重ねたことがあるのではないでしょうか。今回は幅広い世代から長く支持されているラブソングの定番を特集していきます。早速、人気ランキングを見ていきます。

 

ラブソング 定番曲ランキング

1位 未来予想図Ⅱ  DREAMS COME TRUE

2位 366日    HY

3位 純恋歌     湘南乃風

4位 愛唄      GReeeeN

5位 永遠にともに  コブクロ

出典:独自調査

 

どの曲も1度は聴いたことのある名曲ですよね。5位にランクインしたコブクロの「永遠にともに」は結婚式のBGMにもよく使われています。HY、湘南乃風、GReeeeNは10代~20代の若い世代からの支持が多く、特に「純恋歌」は私も学生時代にカラオケで友人とよく歌うお気に入りの1曲でした。

 

1位にランクインしたドリカムの未来予想図Ⅱは、これぞまさしくラブソングの定番!と言えるロングランの1曲です。
~♪いつもブレーキランプ 5回点滅 ア・イ・シ・テ・ル のサイン~♪
の歌詞を真似して2人だけにしか分からない秘密の暗号を作ったカップルも多いのでは、、、?

 

では、ここから先はランキングには入りませんでしたが、ネット上で話題のあのラブソングを特集していきます。

 

スポンサードリンク

 

特集① NHKみんなのうたで「泣けるラブソング」と話題の曲

 

「日々」  吉田山田

 

みなさんはこの曲を知っていますか?知らない人も多いですよね。吉田さんと山田さんという2人組の男性ユニットが歌っています。

 

私も子どもと一緒に<NHKみんなのうた>を見るまで知りませんでした。ママたちから「泣ける!」と口コミが広がり、ネットやyoutubeでも大反響となりました。

 

個人的には、吉田山田のPVよりもおじいさんとおばあさんのイラストと一緒に歌を聴くのがおすすめです。歌詞にイラストがぴったり合っていて、涙がボロボロ出てきて号泣してしまいました。

 

キュンキュンする歌詞や、今どきの曲ではありませんが、おじいさんとおばあさんがこれまでの人生を振り返る歌詞になっています。まるでショートムービーを見ているような、そんな感じを受けます。

 

今までずっと楽しいことばかりではなく、つらく苦しいことがあってもそれを2人で乗り越えてきたからこそ、これまで過ごしてきたのはかけがえのない幸せな日々だったと気付くという深い内容になっています。是非、1度聴いてみて下さい♪

 

スポンサードリンク

 

特集② 10代~20代に人気なラブソングの共通点は「等身大のラブソング」

 

≪10代、20代に人気のラブソング≫

Darling              西野カナ

好きだよ。~100回の後悔~  ソナーポケット

forYOU。            ハジ→

 

これらの曲をみなさんは知っていますか?上に挙げた、10代~20代の若者に人気のラブソングの共通点は“共感できる歌詞”と“等身大のラブソング”です。映画やドラマのような憧れの恋愛模様よりも、自分と重ねられるような身近な恋愛の歌詞が人気の秘訣かもしれませんね。

 

では、どんな歌詞が共感を得ているか具体的にみていきましょう。

 

Darling/西野カナ

「いつか友達と語り合った 理想の人とまるでかけ離れているのに

Ah~なんで好きになっちゃったのかなぁ」

 

西野カナといえば、恋する等身大の乙女心を歌ったラブソングに定評があり、女子高生から絶大の支持を得ていますよね。ファッションリーダーとしても注目されていて、今後の活躍にも期待大です!

 

好きだよ。~100回の後悔~/ソナーポケット

「好きという気持ちよりも我慢できない気持ちの方が胸が痛いよ。

早く来てよ。強くギュッとして欲しいのに・・・」

 

レコチョク年間ランキング1位を獲得したこちらの曲。男性目線で歌った切ない歌詞が「泣ける」と話題に。大好きなあの人への変わらない想いを綴った究極の泣ける純恋歌です。

 

forYOU。/ハジ→

「ただ隣にいるだけで なんでこんなに幸せって思えんだろうな

今が永久に続けばいいのに」

 

最近じわじわと女子中高生の間で人気の出てきているハジ→は、自身で作詞作曲を手掛ける宮城県出身のシンガーソングライターです。女の子なら「1度は好きな人にこんなこと言われてみたい」という女の子の心をわしづかみにする歌詞が人気のようです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?人気ランキング上位には結婚式のBGMにもよく使われ、誰もが1度は聴いたことのあるラブソングの王道がランクインしました。

 

特集で紹介したラブソングは「普通の人の、普通の恋愛を、普通目線で書いている歌」が多い印象でした。背伸びしすぎない、「超ど直球な歌詞と歌」が共感を呼んでいるのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク