あなたにとって競馬のベストレースはどのレースですか?ファン300人にアンケートしました。

時代とともにある名馬と名レース

 

競馬には長い歴史があります。日本ダービーの回数だけで数えても、もう80回を超えています。

 

同じようにその時代を代表するような名馬がいます。そして名馬たちはファンの心を打つような名レースを演じてきました。

 

毎年次々と新しいレースが開催されますので、古い記憶と言うのは徐々に薄れていきがちです。

 

「15年前の有馬記念を勝ったのは?」と聞かれて即答できる人は、競馬ファンでもそう多くはいないでしょう。

 

GⅠレースのときでも新聞の過去データ欄を見ると、10年前までのものがほとんどです。

 

ファンの入れ替わりも含めて、古い時代のレースほど人の記憶から消えてしまいやすくなるのは仕方がない事です。

 

それでも例外はあります。本当にすばらしいレースと言うのは実は受け継がれていくものなのです。

 

例えば競馬史上最強馬との評判が高いディープインパクトは、2006年に現役生活を引退しています。

 

すでに11年も前ですがyoutubeでは100万回以上レースが再生されており、その感動が世代を超えて伝えられています。

 

そこで気になったのが、競馬ファンはどのレースをベストレースに選ぶか?ということです。

 

当サイトでは20~50代までの競馬ファン300人に対してアンケート調査を行いました。

 

質問は「あなたにとってのベストレースはどのレースですか?」という内容になります。

 

早速結果をランキング形式で発表していきます。

 

スポンサードリンク

 競馬歴代ベストレースランキング

 5位 天皇賞春(2017)

 

ke1

 

【レース動画】 https://youtu.be/VeZwZlCSipU

 

優勝馬はキタサンブラック。2年連続での天皇賞春連覇の前に、昨年度の有馬記念で負けたサトノダイヤモンドが立ち塞がります。

 

レース前から2強対決と騒がれており、騎手が武豊とルメールというのもまさに頂上決戦の様相でした。

 

結果はキタサンブラックが堂々の先行押切り勝ちでGⅠ5勝目。凱旋門賞挑戦へのはずみをつける完勝劇でした。

 

最近のレースなので覚えている人も多いかと思います。主に20代を中心とした若い世代から票が集まりました。

4位 毎日王冠(1998)

 

ke2

 

【レース動画】 https://youtu.be/GeLJodFzRNs

 

優勝馬はサイレンススズカ。GⅡレースながら、エルコンドルパサー、グラスワンダーと超豪華な顔ぶれでした。

 

エルコンドルパサーはこのときデビューから5連勝負けなし。対するサイレンススズカもこの年は負けなしの5連勝中でした。

 

結果はサイレンススズカの逃げ切り勝ちでエルコンドルパサーは2着。エルコンドルパサーは現役生活において日本での唯一の敗戦でした。

 

サイレンススズカがこのあと天皇賞秋でレース中の事故で予後不良となった事からも、このレースはファンに強く印象に残っているようです。

3位 日本ダービー(2005)

 

ke3

 

【レース動画】 https://youtu.be/3JDozvg_S7I

 

優勝馬はディープインパクト。歴代最強馬とも名高い馬ですが、ダービーの単勝オッズはなんと1.1倍でした。

 

「走っているよりも飛んでいる感覚」と鞍上の武豊が表現したように、このときは1頭だけ次元が違うレースぶりでした。

 

最後方から大外を回してごぼう抜き。枠順や位置取りなどの概念を吹き飛ばすような5馬身差の快勝劇はまさに衝撃的。

 

私もこのとき東京競馬場で現地観戦しましたが、絶対的な能力の違いに呆然としたことをはっきりと覚えています。

2位 有馬記念(2013)

 

ke4

 

【レース動画】  https://youtu.be/5O6B88eRmgA

 

優勝馬はオルフェーヴル。これが引退レースでしたが、ふたを開けてみれば8馬身差の圧勝劇でした。

 

のちのGⅠ6勝馬ゴールドシップをまったく寄せつけない強さで、異次元の強さを見せつけたレースでした。

 

ディーウインパクトは天才肌の速い馬ならば、オルフェーヴルは力でねじ伏せるような強い馬だったと思います。

 

ともに共通しているのは「異次元」であること。引退レース、有馬記念という条件での8馬身差の大勝は常識では考えられません。

 

スポンサードリンク

1位 阪神大賞典(1996)

 

ke5

 

【レース動画】 https://youtu.be/SdBX_vnpDq0

 

優勝馬は三冠馬ナリタブライアン。このレースではライバルのマヤノトップガンとの一騎打ちを演じます。

 

とにかくレース動画を見て下さい。私が下手な説明をするよりもよっぽど迫力が伝わるかと思います。

 

最後の直線での叩き合いは競馬ファンの間では伝説とされており、競馬の面白さが全て詰まっているシーンです。

 

競馬の醍醐味はやはり強い馬同士の対決であり、そこからドラマが生まれる事を改めて実感させられます。

まとめ

 

ベスト5にはどれも歴史に残るような名レースが選ばれました。

 

1位が20年以上前のGⅡレースと言うのも、熱狂的な競馬ファンの自分にとっては胸が踊るような結果でした。

 

前回の記事では歴代最強馬を、そして今回は歴代ベストレースをアンケートしましたが最高に楽しい調査&記事作成でした。

 

競馬の記事はこれまでにあまり書きませんでしたが、これから徐々に冷やしていきますのでぜひ今後もご期待ください。

 

スポンサードリンク

 

【こちらもおすすめ!競馬ランキング】

競馬歴代最強馬ランキング。ファン300人が選んだNO1は?