スタジオジブリ映画の歴代作品人気ランキングをご紹介します。

名作揃いのジブリ映画

 

ジブリ映画には、日本を代表する名作が多いですよね。

 

そして、大人から子どもまで幅広い世代から長く愛されています。

 

自分が小さい頃に見た、大好きだったトトロを何十年も経って自分の子どもが見ているのってなんだか感慨深いものがあります。

 

ジブリ映画の記念すべき第1作目は1986年の天空の城ラピュタです。

 

そこから現在まで20作品を製作して私たちのもとへと届けてくれました。

 

一部ではありますが代表的な作品を挙げてみます。

 

≪ジブリ映画の代表作品≫

★天空の城ラピュタ

★となりのトトロ

★火垂るの墓

★魔女の宅急便

★もののけ姫

★千と千尋の神隠し

★ハウルの動く城

★崖の上のポニョ

★借りぐらしのアリエッティ

★思い出のマーニー

 

どれも名作揃いですよね。一度はみたことがあるものも多いと思います。

 

このようにジブリ作品にはたくさんの素晴らしい作品がありますが、1番人気がある作品ってどれでしょうか?

 

当サイトではジブリファン300人に対して、1番好きな作品をアンケート調査しました。

 

早速ランキングをご紹介していきます!

 

スポンサードリンク

スタジオジブリ映画人気ランキング

5位 もののけ姫

 

【コメント】

「米良美一さんの歌う”もののけ姫”が印象的だった。」(20代女性)

「アシタカとサンが戦うシーンがとても迫力があった」(10代男性)

 

人間と動物の共存がテーマになっているこの作品。

 

山里に住む若者の「アシタカ」と、山犬に育てられた「サン」が主人公です。

 

いろんな空想の生き物とか自然界の神様とかが出てきて、面白いですよ!

 

でもよーく見てないと、どれが悪者でどれが味方か分からなくなるので注意が必要です。

 

戦うシーンが多く、小さい子には少し怖いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

4位 天空の城ラピュタ

 

【コメント】

「パズー!!!」「シータ!!」と、お互いの名前を呼びあうシーンを小さい頃、よく真似して遊んでいた。」(20代男性)

「天空の城ラピュタに出てくる飛行石がずっと欲しくて似たような石を探していた」(30代男性)

 

男性からの票が特に多かったです。かなり古い作品ですが、安定した人気があります。

 

ランキングに入りませんでしたが、「風の谷のナウシカ」と「天空の城ラピュタ」って、なんか似てませんか?

 

“全然違うよ!”ってジブリファンの方に怒られてしまうかもしれませんが、実際にはこんがらがるんですよね。

 

ジブリ作品の中でもラピュタやナウシカは、難解系だと思います。

 

次ページではいよいよベスト3の発表です。超名作同士の激しい戦いになりました。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク