夏と聞いて最も連想されやすい言葉とはなんでしょうか。ランキング形式にまとめました。

夏といえばランキング

 

皆さんは夏といえばどんな言葉が思い浮かびますか?

 

夏祭り、海、すいか、など様々なものがあるので一つだけというと結構迷いますよね。

 

私が最初に浮かんだのはかき氷でしたが、人に聞いてみると面白いぐらいにばらつきがあります。

 

夏と聞いて最も連想されやすいものは一体何なのでしょうか?

 

アンケートを集計したランキング結果をみてみます。

 

夏といえばランキング

1位  花火

2位  プール、海

3位  夏休み

4位  暑い、猛暑

5位  夏祭り

出典:独自調査

 

スポンサードリンク

 

1位に選ばれたのは花火。夏の風物詩とも言える花火大会が全国各地で開催されることもあって、イメージされる方が多いようです。

 

またお店で花火を購入して家族や友達と楽しむこともできます。海沿いで打ち上げ花火などをあげたりするととても盛り上がりますよね〜♬

 

真夏になると気温が35度をこえる日も決して珍しくありません。そんなときにはプールや海など涼しい場所に行きたくなります。子供たちは夏休みなのでなおさらですね。

 

ランキングには出てきませんでしたがスイカやかき氷も夏の定番と呼べる食べ物の一つです。アイスクリームの売り上げは冬の3倍以上になるという話ですよ。すごいですよね。

 

さてここからは夏特集です。次のテーマについてご紹介します。

 

1、花火大会集客数ランキング

2.アイスクリーム商品別売り上げランキング

 

早速みていきましょう!

 

スポンサードリンク

1、花火大会集客数ランキング

 

夏の風物詩ともいえる花火大会。最も有名な花火大会というと地域によって差が出てしまうので、集客数にスポットをあててランキングにまとめてみました。早速チェックしてみましょう。

花火大会集客数ランキング
1位  東京 江戸川区花火大会

2位  大阪 天神祭奉納花火大会
3位  福岡 関門海峡花火大会出典
its-mo

 

ちなみに1位の江戸川区花火大会の来場数は139万人とのことです。

 

東京といえば毎年テレビ中継もしている隅田川花火大会のイメージが強いですがこちらは80万人とのこと。

 

しかし隅田川は打ち上げ数が2万発でこれは全国トップレベルです。

 

大阪の天神祭花火大会は打ち上げ数は4000発程度なのですが120万人もの集客数を誇ります。

 

福岡の関門海峡は花火だけではなく観光地としてもみどころがたっぷりでこちらも要チェックです★

 

このベスト3はぜひ一度は足を運んでおきたいところですね。

 

さて花火のほかに夏の風物詩といえばやはり冷たいアイスでしょう!

 

コンビニやスーパーでよくみるアイスですが、どれが1番人気があるか皆さんはご存知でしょうか?

 

1位は定番のバニラアイスかと思いきや実はそうじゃないんです。

 

誰もが知っているあのインパクト抜群パッケージのアイスが第1位でした。

 

引き続き次ページにてご紹介します。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク